預かり資産800億円を突破したロボアドバイザーの「ウェルスナビ」ってどんな会社?

wealthnavi

ニュースを少しご紹介。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」はノーベル賞受賞者が提唱した理論に基づいた「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で行うサービスで、高度な知識や手間なしに国際分散投資を行うことができます。機能性、透明性、低水準でシンプルな手数料が高く評価されています。正式リリースから約1年10カ月(18年5月17日時点)という短期間で多くの支持を集め、預かり資産800億円、申込件数10万口座を突破しました。

出典;https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000014586.html

私も使っているロボアドバイザーで有名なウェルスナビが預かり資産800億円を突破したそうです。今年の1月末くらいに600億円を突破したとニュースになっていたので、成長速度が早まっていますねー。約4ヶ月で200億増か。

資産額によって割引があるようですが、手数料は1%のサービスなので単純計算で8億円。あれだけのサービス・サポートを考えると安いなと感じます。

ウェルスナビ株式会社ってどんな会社?

会社概要を見ると、

社名
ウェルスナビ株式会社
設立年月日 2015年4月28日
資本金
32億3418万円(資本剰余金含む)※2018年2月13日現在
住所
東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
事業内容 金融商品取引業
法律顧問
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 岩田合同法律事務所
会計監査人 あずさ監査法人

2015年設立と新しい会社ですが、資本金が多めですね。

ウェルスナビ株式会社の社長ってどんな人?

ウェルスナビの代表取締役CEOの「柴山 和久」氏はどんな方なのでしょうか?

今旬のFinTech業界で資産運用サービスを提供するウェルスナビの代表取締役を務める柴山和久さんは、東大卒業後、当時の大蔵省に入省。ハーバード・ロースクールなど海外留学や勤務を経て、MBAを取得後、マッキンゼーに転職。2015年に自らの会社を起業しました。

出典;https://mirai.doda.jp/series/interview/kazuhisa-shibayama/

めちゃめちゃエリートです。。。

一度イベントでお会いしたことがありますが、非常に物腰柔らかな方だったのを覚えています。ご自身でプログラミングを学び、プロトタイプを作成したと言っておりましたのでエンジニアへの理解も深い方なので、非常に洗練されたプロダクトになっているのだと思います。

こういう傾向って強いなーと思います。サービスの改善速度は経営陣のエンジニアリングへの理解に比例し、経営陣がエンジニアの性質をよく理解していると優秀なエンジニアが集まりやすく感じます。

ウェルスナビ株式会社のビジョンって?

ゆくゆくはWealthNaviを、日本における新しい「金融インフラ」として育てたいと考えています。鉄道や郵便、水道といったインフラは、一部の人だけが使えるものではなく、どこに住んでいてもどんな人でも使えます。資産作りを考える誰もが、使いたいときに安心して使える存在になりたいのです。 そのためにいちばん大切なのは、職業倫理です。専門家集団である金融機関と一般のお客様との間には圧倒的な情報格差があります。お客様にとって可能な限りわかりやすいサービスを提供し、お客様の疑問一つひとつに丁寧に答えていく。誰もが安心して使える透明性の高いサービスであるために、WealthNaviは日々進化していかねばならないのです。

出典;https://www.wealthnavi.com/history/03

1つのサービスを成長させるということでなく、新しいインフラの1つとして根付かせたいといったビジョンがあるようです。

確かに金融市場は非常に閉鎖的な場所だと個人的には思います。というのも、学校では一部の学生を除き学ぶことはないですし、なんとなくお金の話題って話すことがはばかられるのが日本です。

学生時代、健康で豊かな生活を送ろうと思ったら避けては通れない知識であるはずなのに多くの人がそれを知らずに過ごすというのはなんだか変だなとよく思ったものです。

そうした中で、難しい知識を要せず資産運用の一歩を踏み出せるロボアドバイザーは素晴らしいサービスだと思いますので、ぜひ「新しい金融インフラ」として成長してほしいと個人的にも思います。

ウェルスナビ株式会社の口コミってどうなの?

公式サイトから幾つか引用します。

相場の変動に一喜一憂せず、ゆっくり安心して投資できます。
30代・男性・会社員

これまでどう投資しようか迷っていましたが、何も考えなくてよくなりました。
30代・女性・会社員

投資したかったけどよくわからなかったからやってなかった、投資に注ぎ込む時間がないといった、といった現役世代に好まれているようです。

資産運用経験のほとんどない若い世代が最初の金融商品として選ぶのが良さそうですね。資産運用は早ければ早いほど有利といえますので20代のうちにはじめては?

詳しくは以下の記事をどうぞ。

資産運用

20代後半から始める資産運用!年収400万円前後こそお金でお金を稼ごう

5月 23, 2018

まとめ:経営メンバーがエンジニアへの理解が深いと洗練されたサービスが生まれやすい

ウェルスナビのPRみたいになっていますが、Webに関わる者の目線としては、経営メンバー(特に代表)がエンジニア経験者だとサービス自体がかなり洗練されることが多いです。

おそらくエンジニアとの話が通じやすいため意思疎通が取りやすくなるほか、エンジニアの働き方やパフォーマンスの最大化する環境がいかに重要化を理解出来ているから優秀なメンバーが集まりやすいのだと思います。

ウェルスナビは期待するサービスの1つです。

wealthnavi

貯金代わりに完全自動資産運用
放置プレーで資産を増やすウェルスナビ

積立運用推奨!デザインもよく、出金の自由度も◎。初心者におすすめできるロボアド。10万円から始められるので、まずはここからスタート。ちなみに2017年はめっちゃ増えたよ。