連携アプリの危険性!「黒ギャル生着替えがTwitterで話題」というまとめを見て思ったこと

何でもかんでも連携許可しちゃってる人はよく考えてから許可を

アプリの連携を許可することの危険性

最近こんなTwitterのまとめを見ました。

黒ギャル生着替えがTwitterで話題 – Togetter

何気ないツイートした後にエロ動画をみてるんですね。そしてそれがフォロワーにばれてしまったという感じ。

自業自得といえばそれまでなのですが、他の人がつぶやいたplaysが吐き出している動画リンクをクリックするとplaysからアプリ連携を求められ、連携許可して動画のページを開くと、その動画URLとタイトルが自動でつぶやかれるというもののよう。

この被害にあったかたは、おそらく特に意識もせずにアプリからのアクセス許可をokしていたのではないでしょうか?

どんなアプリでもアクセスの許可申請があったら使用する前に一度考えよう

Twitterにはたくさんの連携アプリというものがあります。自動でつぶやくbotのようなものだったり、外部サービスとTwitterアカウントを紐付けるためだったり。ほかには、よくスマートフォンでアプリなどからアクセス許可もあります。「リマインダーへのアクセスを許可しますか」というようなもの。

先日、友人と話をしている時に友人はこういったアクセス許可、連携許可のポップアップが出た際に特に気にせず何でもかんでも許可していると言われ、驚いた事がありました。

その友人には、これからはちゃんと気にして考えて!といっておきましたが、こういう人が多かったため、今回のような被害?があったのかも。

一度よく考えてから許可を

そのアプリは信頼できるのか?そもそも許可する必要あるのか?ということをよく考えると以外と怪しいアプリ、許可しなくていい場合なんてのはたくさんあります。

今回の「黒ギャル生着替えがTwitterで話題」という、自分の恥ずかしい姿を晒さなかった方も今後は注意しなければという、教訓としましょう。

 

 

動画共有サイトをまたいで再生リストを作れる「ノチホド」の使い方、操作方法
PCブラウザでのTwitterをレスポンシブにして快適に!Chrome拡張機能「Paridae」
Twitter版ライクボックス「Twitter Fan Box」ホームページのTwitter表示もおしゃれに

貯金代わりに完全自動資産運用
放置プレーで資産を増やすウェルスナビ

積立運用推奨!デザインもよく、出金の自由度も◎。初心者におすすめできるロボアド。10万円から始められるので、まずはここからスタート。ちなみに2017年はめっちゃ増えたよ。