ストレートネックを疑ったほうが良さそうな症状を調べてみました

頭痛

ストレートネックとは、本来カーブを描くはずの頚椎が真っ直ぐになってしまう症状のことを指します。状態がひどくなるといろいろな痛みなどを引き起こしてしまいます。

今回はストレートネックなのでは?と疑ってもよさそうな症状をしらべてみました。以下に紹介するものに一つでも当てはまるからと言って必ずしもストレートネックというわけではありませんが、もし何個も当てはまるようであれば、ストレートネックを疑ってお医者さんの診察を受けてみたほうが良いかもしれません。

ストレートネックかもしれないと疑ったほうが良い症状

早速ストレートネックかもしれないと疑ったほうが良い症状を調べてみると出てく出てくる。。。以下はその一部です。

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 手のしびれ
  • めまい
  • 吐き気
  • 上を向きにくい
  • 頭重感

一つ一つの症状は、ストレートネックではなくても感じやすい症状にも思えますが、この中で複数(それこそ4つ以上とか)当てはまるようであれば、それはもしかしたらストレートネックなのかもしれませんね。

ストレートネックになる原因って?

ストレートネックになる原因についても少し調べてみました。

多くのWebサイトで言われていたことの一番は

パソコンやスマートフォンの画面の見過ぎ

でした。特にスマートフォンはどうしても首が前傾姿勢になってしまうため、長時間スマートフォンを覗き続けることは、ストレートネックになる大きな原因となってしまうそうです。
また、パソコンに関しても、猫背+顎が前に出た姿勢が良くないようです。普段から姿勢が悪いと、どうしても良くない姿勢で長時間モニターを見続けてしまいがち。椅子や机の高さを変えたり、1時間に1回は席を立ち、ストレッチをするよう心がけるなどしたほうが良さそうです。

意外にも良くないのがリュックサック

調べていて意外だったのがリュックサックの使用。リュックサックは使用するときに重心がお尻あたりに来ることが多く、そうすると体はバランスを保つように前傾姿勢を自然と取ってしまうそうです。加えて両肩にベルトが来るため、巻き肩という猫背の姿勢になりやすいそう。
リュックサックを背負っているときも姿勢には気をつけましょう。

ストレートネックの症状改善には専用の枕もある

いかがでしたか?

もし、自分はストレートネックなんじゃないか?と思ったら、整形外科や整骨院でみてもらうのもよいですが、ストレートネックの症状を軽くする枕もあります。長時間同じ姿勢でいることが多い寝姿勢はストレートネックに大きく関係してくるそうです。

ストレートネック専用の枕について徹底比較した記事も書いたので、よろしければどうぞ。

straightneck-eye

【2019年】ストレートネック枕をがっつり比較して、おすすめ探してみました!

5月 7, 2018
頭痛

貯金代わりに完全自動資産運用
放置プレーで資産を増やすウェルスナビ

積立運用推奨!デザインもよく、出金の自由度も◎。初心者におすすめできるロボアド。10万円から始められるので、まずはここからスタート。ちなみに2017年はめっちゃ増えたよ。