新型コロナウィルスはどうして危険なのか?新型コロナウィルスイタリアでも感染者を確認

アラブ首長国連邦などの中東地域、そしてヨーロッパと猛威を振るっている新型「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルス」

今回イタリアでも感染者が確認されたそうです。

 

新型「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルス」イタリアでも感染者を確認

6月1日付けでWHOがこの新型「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルス」がイタリアでも感染者を確認したそうです。

感染者は容態は安定しており、中東ヨルダンへの渡航歴があるそう。

時事ドットコム:新型ウイルス、伊で初確認=ヨルダンに旅行歴-WHO

 

先日は5月28日にフランスで感染した2人のうち、1人が死亡したとも伝えられていました。

時事ドットコム:新型ウイルス、フランスで死者

 

まだ終息の気配が感じられないこの新型「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルス」が早く終息に向かってくれると嬉しいです。

 

新型コロナウィルスはどうして危険なのか?

ではなぜここまで騒がれているのか?日本ではまだ感染者がいないためかあまり分らない人のために説明します。

この新型の「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス」は2003年に日本でも流行し、恐怖に陥れたSARS(重症急性呼吸器症候群)の新種ウィルスです。

このSARSは2003年7月に新型肺炎制圧宣言が成されるまでの間に世界中で8,098人が感染し、774人が死亡しました。詳しくはWikiを。

重症急性呼吸器症候群 – Wikipedia

 

このMERS(中東呼吸器症候群)も同様に呼吸器に対し、甚大なダメージを加えるウィルス。

ウィルスは人類の最大の敵だと言われています。では何故なのでしょうか?

 

まず細菌とウィルスの違いについてです。

細菌は例えば大腸菌やサルモネラ菌。O-157は細菌感染による症状です。

細菌は体内に侵入後、単独で増殖し人体に危害を加えます。そのため治療法としては単純に抗生物質を与え、増殖を抑制、破壊して回復へ向かいます。

しかし、ウィルスは単独で増殖は出来ず、細胞膜を持たずに、人の細胞の中で増殖します。ここが大きな違いです。

ウィルスはDNAそのもののようなものです。

人の細胞内で増殖し、その細胞はウィルスを生産する細胞となります。通常、健康体ならば免疫機能で退治できるのですが身体が弱っていたり、子どもや老人の場合に死に至る危険性があります。

更に感染経路も様々で、人から人、人から動物、人から植物など、またその逆もしかりです。

 

ウィルスを退治するものといえばワクチンですがこのワクチンにも問題があります。

抗生物質は事前に大量に作ることができますが、新型ウィルスの場合には感染者が出たあとにしかワクチンは作ることができません。感染者の細胞から作り出すためです。

しかも、非常に時間がかかり、パンデミックが起こったあとでは間に合わない可能性があります。

そのため新型のウィルスというのは非常に危険視されています。

 

今回の中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスはまだ日本には感染者は出ていませんが、日本との貿易が盛んなサウジアラビアなどでも感染が確認されているため、人事ではありません。

既に密かに感染が始まっているということも考えられます。

 

ではどうすればいいのか?

現状、私達にできる事は感染しないよう予防することです。

手洗いうがいは当然のこととして、健康でいることが最大の予防だと思います。

あとは情報をしっかりとキャッチして感染が合った場合、その付近に赴くことは避けましょう。

今後一日でも早い新型肺炎制圧宣言が出ることを祈っています。

 

以前、サウジアラビアで新型ウィルス感染で5人死亡という記事を書きました。この記事自体は当時やっていたiPhoneゲームと内容が酷似していたので記事にしましたが(超不謹慎な内容ですいません)ここから感染が拡大し、7カ国以上の感染が確認されています。

ウィルスとの戦いは人類の命題です。まずはしっかりと情報を得ることが重要だと思いますのでみなさんも気をつけて。


貯金代わりに完全自動資産運用
放置プレーで資産を増やすウェルスナビ

積立運用推奨!デザインもよく、出金の自由度も◎。初心者におすすめできるロボアド。10万円から始められるので、まずはここからスタート。ちなみに2017年はめっちゃ増えたよ。