格安MVNO「IIJ mio(みおふぉん)」を使い始めて1ヶ月経ったレビューや使用量

iijmio-sim

話題のMVNOに乗り換えてから1ヶ月経ったのでレビューしようと思います。
一般層ではそこまでかもしれませんがIT系の仕事してるとだいぶ浸透してるなという感じを受けます(使用しているかは別ですがどんなものか知っているという意味で)。

料金面を考えてauからIIJ mioに乗り換え

私はauからの乗り換えでした。
理由は料金面とデータ通信量。
データ通信量が毎月7GB越しちゃうなーくらい使ってて、6、7000円以上かかっているのに7GBで制限ってちょっとひどいなと思ったのがきっかけ。
そして、ちょっと特殊ですが、元々使用しているiPhone6はSIMフリー機だったのですんなり乗り換えを決断しました。

IIJmio

そもそもMVNOってなんぞや?

そもそもMVNOってなんぞや?って人は初めからこんな記事読まないと思うので簡単に引用しておきます。

MVNOとは、一言で言ってしまえばインターネットのプロバイダとほぼ同じです。
詳しく語ると、自社でネット回線(携帯回線)インフラ設備を持たず、他社のインフラを利用してサービスを展開する通信事業者です。MVNOとは、WiMAXの回線を使ってインターネットの世界に入る門番のようなものだとイメージしてください。
参考:MVNOとは? WiMAXのMVNOを選ぶ時に確認すべき3つのポイント | WiMAXキャンペーン比較

私が利用しているIIJmioはDocomoの回線を間借りしています。

乗り換え手順

手順については細かく書かないので他のサイトを参考にして下さい。
[W] auからIIJmio(みおふぉん)に乗り換え成功!詳しく手順書きました | Work Tool Smith [ワークツールスミス] – Page 2

そういった部分以外を書いていきますので。

乗り換える前に一番安いプランでテスト運用はした方がいいよ

結構これが重要かと思います。
SIMフリーの端末を持っていないと試すことが出来ないのですが、自分の利用範囲・時間帯で不便なく使用が可能かを完全に切り替える前にテストするべきです。
最低料金プランは月900円で運用できます。(データ通信のみですが)
先にこちらを購入し、利用することをおすすめします。

なぜなら、利用環境においては使いものにならない可能性もあるからです。(エリアとか一番利用する時間帯とか)
あとからプランは変更可能です。それに使用していないデータ通信量は繰り越せますので安心です。
地味に注意点ですが「プラン変更は毎月1日から適用されます」。見落としがちなので覚えておきましょう。

実際のデータ使用料

私の利用スタイルは、

  • 基本みおぽんからクーポンOFFはしない
  • 大抵はWi-Fi環境で動画見るけど、時々出先でも動画見る
  • ゲームちょいちょいする

という感じ。でどんな感じかというと(時期が中途半端でごめんなさい)

※みおぽんというのは高速通信のオンオフを切り替えるアプリです。

IIJmioクーポンスイッチ 4.2.0(無料)
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: Internet Initiative Japan Inc. – Internet Initiative Japan, Inc.(サイズ: 1.3 MB)
全てのバージョンの評価: (110件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

iijmio-sim-2

だいたい平均すると1日200MB~300MBくらいでしょうか。
月にすると7GB弱くらいです。
auの頃と一緒ですね。
10GBのファミリーシェアプランを契約しているので全然余裕です。

繰り越してます。

iijmio-sim-4

 

 

かつ、利用料金的には3000円以上安くなっています

電話使いまくる人はそもそも向いてないよ

IIJmio良さそうですが、電話を頻繁に使う人は絶対やめましょう。
料金上がっちゃいます。
私は自分から掛ける場合、友人であればLINEの通話を利用したり、LINE電話を利用しています。

乗り換える前にこれだけは知っておいた方がいいこと

さてどんなものにもメリットデメリットがあります。
私は満足していますが、人によっては「クソだな」と思うかもしれない点がいくつかあります。

パケ詰まりあるよ

パケ詰まりちょいちょいあります。
ネット閲覧している時にいきなりなかなか読み込まないなーと思ったら大抵パケ詰まりです。
機内モードのオンオフで直りますが、体感的に一日4〜5回はあるかな。
人によっては結構ストレスかもしれません。

繋がりにくい場所や時間帯は増えるよ

やっぱり人混みやお昼休みの時間帯などは繋がりにくかったりします。
特に新宿駅のホームとか繋がりにくいです。
そこはやはり3大キャリアのが絶対的に強いところですね。

店頭サポートとかないよ

あたりまえですね。
だから安いんです。

だけど、料金は確実に安くなるよ

というようなデメリットはありますが、料金面を考えたら絶対お得です。
3000円以上安くなると先ほど言いましたが、これは私一人の場合です。
実は追々、家族のSIMも乗り換え予定なのでそれを考えると二人で1万円近くお得になる計算です。

こんな使い方がおすすめ

家族でデータを分け合う

私が思う最高の使い方です。
ファミリーシェアプランのいいところはSIMを3枚まで発行できるところ。
自分、妻、子供というような感じで利用できちゃいます。
これってそれぞれで基本料などが必要ないし、データ通信を利用しすぎたとしても都度クーポンを購入すれば済みます。

複数のデバイスで利用する

それか、自分一人で複数のデバイスを持っている場合などもオススメです。
一枚のSIMの場合、いちいちSIMの差し替えしなきゃならないなど不便です。
普段タブレットは自宅オンリーだから必要ないと思っていても、あるときちょっとだけ外で利用したいって場合も対応できます。
Surface3なんかをノートパソコン代わりに利用している人は、あれSIMが挿せるので、テザリングの必要がなくなります。

まとめ

MVNOってどんな人が利用しても幸せになれるわけではないです。
よくわからないし、面倒くさいという人は多分そのままのキャリアを利用していたほうがいいと思います。サポート面が一番大きいです。
けど、普段サポート窓口とか利用したことがないし、だいたい自分で調べて解決しちゃうタイプの人は絶対的に乗り換えたほうがお得です。
月々3000円違うとなると、年間で3万6千円です。2年続けたら、新型のスマートフォン買い替えの資金になりますね。

IIJmio

iijmio-sim

貯金代わりに完全自動資産運用
放置プレーで資産を増やすウェルスナビ

積立運用推奨!デザインもよく、出金の自由度も◎。初心者におすすめできるロボアド。10万円から始められるので、まずはここからスタート。ちなみに2017年はめっちゃ増えたよ。